写真の奥に見た光 〜広島・素顔の基町アパート〜
撮影実績新着情報

写真の奥に見た光 〜広島・素顔の基町アパート〜

〈放送日〉 2020年3月10日(月)20:00~20:30
〈放送局〉 NHK Eテレ
〈番組名〉 ハートネットTV
〈番組タイトル〉 写真の奥に見た光 〜広島・素顔の基町アパート〜

 戦後、原子爆弾の爆心地に近い広島市の基町地区には、原爆スラムと呼ばれるバラック街があった。その住環境を改善すべく建設された基町アパートはいま高齢化が進み、ひとり暮らしのお年寄りも少なくない。そうした中、20代の若者たちが基町アパートに暮らし始めた。被爆者、在日の外国人、中国から帰国した人たちなど、あらゆる人種・国籍がまざりあう中での暮らしの魅力を、写真展を通じて見出そうとした若い芸術家を追った。

花崗岩 1億年の恵み
撮影実績新着情報

花崗岩 1億年の恵み

〈放送日〉2020年3月6日(金)19:30~19:57(広島岡山県向け)
〈放送日〉2020年3月14日(土)10:55~10:22(島根鳥取山口県向け)
〈放送局〉NHK総合
〈番組名〉ジオ中四国 奇跡の大地
〈番組タイトル〉 花崗岩 1億年の恵み

 瀬戸内のレモン、広島・西条の日本酒、讃岐うどん…。これらは1億年にわたる大地の躍動によって生まれた。中四国の美味・絶景が誕生した秘密を、地球の営みからひもとく。
「日本三大酒どころ」のひとつ、広島の日本酒は、どうしてあんなに口当たりが優しくて フルーティーなのか?国内最大のレモン産地、広島・生口島のレモンは、どうしてあんな に味が濃いのか?その秘密は、1億年前から続く大地の躍動、そして広島に広く分布する 「花崗岩」にありました。日本有数の美味・絶景に恵まれた中国・四国地方。番組では、 私たちに恵みをもたらしてくれた壮大な大地の営みに、高精細な絶景映像で迫ります!

生でも甘い!エグミなし!大山ブロッコリー
撮影実績新着情報

生でも甘い!エグミなし!大山ブロッコリー

〈放送日〉2020年2月24日(月)12:20~12:43
〈放送局〉NHK総合
〈番組名〉うまいッ!
〈番組タイトル〉生でも甘い!エグミなし!大山ブロッコリー ~鳥取 大山町~

緑黄色野菜の代表格「ブロッコリー」は、寒い今が旬!鳥取県の大山町を中心に栽培される「大山ブロッコリー」は、国も認める地域ブランドです。中でも秋冬にだけ出回る特別なブロッコリーが「きらきらみどり」。生で食べても甘く、エグミが少ないのが特徴です。タレントの松井絵里奈さんが、産地を訪ね、エグミを減らす工夫や、甘さと食感を守るため、収穫時期を見極める技や出荷前の意外な工夫がありました。さらに、ブロッコリーを丸ごと食べきる、超簡単な絶品!ブロッコリー料理もお伝えしました。

ブロッコリーが育つのは大山の火山灰からなる「黒ボク土」。やわらかいため根ハリがよく、水はけもよいのが特徴。そこに有機主体の肥料を加えることで、ブロッコリーの成長には必要ですが多すぎるとエグミにつながる「硝酸イオン」が必要以上に吸収するのを防ぎ、エグミを少なくしているのです。冬は大山からの冷たい風から身を守ろうと糖を増やすため、より甘みが増します。

ブロッコリーの甘さを最大限に味わうには、ベストな収穫時期の見極めが重要です。齋藤さんは、目で見て大きさを確認するだけでなく、手でつかんだときの隙間でベストな収穫時期を見極めます。さらに、ブロッコリーは収穫後も糖を使って呼吸を続けるので、甘みと食感が損なわれないよう、収穫後は冷たい水で温度を下げたり、極小の穴が開いたフィルムに入れて箱詰めすることで、呼吸を抑え、甘さと鮮度を保っています。

夏の大海原で巨大ヒラマサを追え!
撮影実績新着情報

夏の大海原で巨大ヒラマサを追え!

〈放送日〉2019年08月11日(日)17:30~17:59
〈放送局〉NHK BSプレミアム
〈番組名〉釣りびと万歳
〈番組タイトル〉夏の大海原で巨大ヒラマサを追え!~前川泰之 山口・萩~

山口県萩市の沖合およ60キロにある、通称「八里が瀬」が釣りの舞台。八里が瀬には海底におよそ10キロに渡る山があり、エビや小魚などのエサが豊富な海域が広がる。この小魚たちを追い求めて、肉食の魚たちが回遊してくる。今回は夏のヒラマサをねらい、オキアミを使ったウキ流し釣りに挑戦する。だが、八里が瀬一帯は潮の流れも速く、長さ80センチの大型ウキも見えないほどに海面は荒れる。果たして大物は姿を現すのか?

123...10...»