時計に命、意地の指先 ~時計職人・松浦敬一~
撮影実績新着情報

時計に命、意地の指先 ~時計職人・松浦敬一~

〈放送日〉2015年06月08日(月)22:00~22:48
〈放送局〉NHK総合
〈番組名〉プロフェッショナル 仕事の流儀
〈番組タイトル〉時計に命、意地の指先 ~時計職人・松浦敬一~

 瀬戸内海に浮かぶ小さな島に、全国から壊れた時計が送られてくる。100年前の柱時計から1本数百万円の腕時計まで。目当ては1人の時計職人の腕だ。メーカーからもさじを投げられ、「修理不能」と宣告された時計を、次々蘇らせてきたスゴ腕の職人だ。腕時計から壁掛け時計まであらゆる時計を扱う松浦は、全国でも珍しい存在。
 この春修理に挑んだのは、大阪から送られてきた時計。そこには、想像だにしなかった依頼主の思いが込められていた・・・。
 瀬戸内の島で、時計修理一筋50年。時計の名医、その熱き闘いに密着した!!

<撮影> 川本 学

初夏の日本海 アオリイカと一騎打ち!
撮影実績新着情報

初夏の日本海 アオリイカと一騎打ち!

〈放送日〉2015年06月14日(日)17:30~17:29
〈放送局〉NHK BSプレミアム
〈番組名〉釣りびと万歳
〈番組タイトル〉初夏の日本海 アオリイカと一騎打ち!~武田修宏 島根・出雲へ~

イカの“王様”とも言われるアオリイカ。島根県出雲市沖は、日本海屈指のアオリイカの釣りポイントである。特に産卵期を迎える5月、4キロを超える大物も姿を現すという。今回は、アジを餌にして「ヤエン」と呼ばれる特殊な仕掛けを使った「ヤエン釣り」と、エビを模して作られた疑似餌エギ(餌木)を使う釣り方「エギング」の、2種類の釣り方で大物に挑む。また、日御碕灯台の周辺を散策し、アオリイカの絶品料理を味わう。

早春 大物ブリの食い気を誘え!
撮影実績新着情報

早春 大物ブリの食い気を誘え!

〈放送日〉2015年03月23日(月)19:00~19:29
〈放送局〉NHK BSプレミアム
〈番組名〉釣りびと万歳
〈番組タイトル〉早春 大物ブリの食い気を誘え! ~山田純大 山口・周防大島へ~

 山口県・周防大島近くの瀬戸内海で出世魚ブリを狙う。この辺りでは一年を通じてブリ釣りが楽しめるが、なかでも12月から春先にかけては、脂がのって味も格別によい“寒ブリ”の季節を迎える。しかし、この時期のブリは食い気が下がるため、難しい釣りとなる。時に40センチもの大型ジグ(金属製の疑似餌)を使い、ブリを誘う。今回は1メートルを超えることもあるという大物ブリに挑戦するが、果たして結果は?

立花隆 次世代へのメッセージ ~わが原点の広島・長崎から~
撮影実績新着情報

立花隆 次世代へのメッセージ ~わが原点の広島・長崎から~

〈放送日〉2015年2月14日(土)23:00~23:59
〈放送局〉NHK教育
〈番組名〉ETV特集
〈番組タイトル〉立花隆 次世代へのメッセージ ~わが原点の広島・長崎から~

日本を代表するジャーナリストで評論家の立花隆さん(74歳)。実は、立花さんは原爆と深い関わりがあります。1940年、原爆投下の5年前に長崎で生まれ、20歳のときに被爆者の映画や写真を携えて半年間ヨーロッパを回り核兵器の廃絶を訴えました。
知の巨人と呼ばれ、これまで100冊以上の著作を世に問うてきた立花さんですが、原爆の問題を本格的に取り上げたことはありません。しかし、ガンや糖尿病など多くの病気を抱え、死を意識した今、核廃絶を夢見たあの若き日を振り返り、未来に何かを残したいと考えるようになりました。
さらに戦後70年を迎えた広島と長崎では、被爆者が次々と亡くなる中、被爆体験の記憶をどのように受け継いでいくのかという深刻な問題に直面しています。「被爆者なき時代」にどのように核廃絶の道を探るのか。立花さんは去年夏から、被爆地、広島・長崎を精力的に訪ねながら核廃絶の問題への思索を深めていきました。ヨーロッパで学生時代に大きな刺激を受けたカナダ人社会活動家との半世紀ぶりの再会。そしてことし1月、長崎大学で30人の学生を前に行った核廃絶についての初めての特別授業。立花さんは次世代を担う若者たちにどのようなメッセージを送ったのか。
みずからの原点に立ち返り未来を考えた半年間の密着の記録です。

〈撮影〉川本 学

«...101112...»